エンターテインメント

「黙々とカクテルを作ることだけが仕事じゃない」。バーテンダーが語るバーの奥義。

No. 868(2018.04.16発行)
ソウルで見る、買う、食べる、101のこと。
チャールズ・シューマン(右)、ロジェリオ・五十嵐・ヴァズ(左)

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

エンターテインメントカテゴリの記事をもっと読む

チャールズ・シューマン

1941年ドイツ・バイエルン生まれ。国境警備隊などの職を経て、バーに勤務。82年ミュンヘンに〈シューマンズ バー〉を創業。91年『Schumann's American Bar Book』を上梓。現在4店舗の〈シューマンズ〉のオーナー。

ロジェリオ・五十嵐・ヴァズ

ブラジル・サンパウロ生まれ。〈Bar TRENCH〉をはじめ、恵比寿にバーを3店舗経営する〈スモールアックス〉取締役。繊細さとクリエイティブな要素が融合したカクテルは、世界中に多くのファンを持つ。

Bar TRENCH

2010年オープン。14年より4年連続「世界のベストバー100」入賞。ビターズやハーブを使ったユニークなカクテルが豊富に揃う。●東京都渋谷区恵比寿西1−5−8 102☎なし。19時〜翌2時(日・祝18時〜翌1時)。無休。

『シューマンズ バー ブック』

不動の人気を誇るバーのオーナーであり、伝説のバーテンダーとして名高いチャールズ・シューマンが世界中の選りすぐりのバーを訪れ、原点を探すに出るドキュメンタリー。監督はマリーケ・シュレーダー。4月21日、シアター・イメージフォーラムほかで全国順次公開予定。©2017 Thali Media

photo/
Yoshio Kato
text/
Shiho Nakamura

本記事は雑誌BRUTUS868号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は868号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.868
ソウルで見る、買う、食べる、101のこと。(2018.04.16発行)

関連記事