一本釣りのブランドアジで作る贅沢な一品。

アジフライ自慢。

No. 867(2018.04.02発行)
おいしい魚が食べたくて。

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

カテゴリの記事をもっと読む

魚料理 田はら

●港区 六本木

アジフライ定食2,000円。ソースを添えて供されるが、卓上には醤油の用意もあり。夜は単品2,000円(税
込み、サ10%別)。●東京都港区西麻布3−5−4☎03・5
410・0200。11時30分~13時30分LO(売り切れ次第終了)、17時30分~21時LO。土曜昼・日曜・祝日休。

photo/
Shin-ichi Yokoyama
text/
Kei Sasaki

本記事は雑誌BRUTUS867号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は867号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.867
おいしい魚が食べたくて。(2018.04.02発行)

関連記事