ファッション

「おしゃれと目立つの違いは何ですか?」高橋 盾 × 森中 柊

自分で服を選び始めた2人が作り手に問う。

No. 866(2018.03.15発行)
服が人を作る 何を選び、どう着るか。
作り手 高橋 盾 UNDERCOVER(右)、自分で服を選び始めた、森中 柊くん(左)

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

ファッションカテゴリの記事をもっと読む

UNDERCOVER 高橋 盾

たかはし・じゅん/1990年にアンダーカバーを立ち上げ、2015年に回顧展を開催。自身にも高校生の娘がいるからか、じっくり森中くんの話を聞いていた。

森中 柊

もりなか・しゅう/中学3年生。この日着ていたコートは父親のお下がりで、まだ洋服に無頓着。

photo/
Taro Hirano
text/
Takuhito Kawashima

本記事は雑誌BRUTUS866号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は866号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.866
服が人を作る 何を選び、どう着るか。(2018.03.15発行)

関連記事