テーマ〈続・マイノリティ〉

平常心ブラザーズの平常心を失くす日。

No. 860(2017.12.01発行)
日本一の「手みやげ」はこれだ!
宮沢 芸人だけじゃなく、放送作家もマイノリティだよ。俺が放送の仕事してた時だって、別に偉くなかったし。
やつい 放送作家って、テレビ局にはない職業らしいですね。ほかの仕事は自社でまかなっているのに、放送作家だけはなかったらしいです。
宮沢 台本を書く人が社内にいなかったんだね。
やつい だから放送作家っていう仕事があるんですけど、地方に行くと放送作家って一人もいないんですよ。全員ディレクターが書いてます。
宮沢 俺だって、NHKラジオの『すっぴん!』の「文化のひととき」っていうコーナー、あれ、ほとんど自分で書いてるよ。
やつい NHKも、放送作家いないんですよ。ディレクターが書くんですよ、全部。
宮沢 でもね、昔は俺も書いてたよ、NHKに。コントの台本を渡して。カメラが1台真ん中にあって、アナウンサーがその周りを囲んでいる。ぐるっと1周回って撮ってくださいと指示してあったんだよ。そうしたら、はい、わかりましたって言って、カット割りしようとしたからね(笑)。バカかと。何を読んでたんだよって。
やつい あっ、コント番組には、放送作家いますね。
宮沢 あ、そうだね。そう考えると、NHKには俺もコントしか書いたことない。そういえば、NHKのみならず、昔はどこでもそうだったんだけど、ギャラを自分でもらいに行くんだよ。会計に。そこで俳優に出会っちゃう。大きなところは事務所の人間が来ると思うんだけど。
やつい 俳優さんが、自分でもらいに行ってたってことですか?
宮沢 そう。小劇場の俳優さんとか、隣にいるんだよ。ちょっと感動的で面白かった。
やつい しかし、お金って、後で払うと払いたくないですね〜。
宮沢 はい? なんですか?
やつい 「後で渡す」って言ったの俺なのに、「そろそろもらいたいんだけど」って言われると、あげたくなくなっちゃうんですよね、お金って。何を今さら言ってきたんだっていう気持ちになっちゃう。
宮沢 何かの仕事でギャラが倍振り込まれたことがあるよ。返してくれって留守番電話に入ってたけど、一切、連絡してない(笑)。やっぱあれだね、連絡よりギャラだね。(続く)

宮沢章夫/遊園地再生事業団主宰。著書に『長くなるのでまたにする。』ほか、多数。

やついいちろう/エレ片『新コントの人』が2018年1月10日から東京グローブ座で。

photo/
村岡俊也
text/
村岡俊也
edit/
村岡俊也

本記事は雑誌BRUTUS860号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は860号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.860
日本一の「手みやげ」はこれだ!(2017.12.01発行)

関連記事