BAR 鎹

これから20年付き合いたい、新時代のバーとバーテンダー。

No. 854(2017.09.01発行)
20年通えるバー。
アブサンのデカダンなムードとほろ苦さが味な「セルゲイ・ポルーニンのカクテル」。

コーヒーと多彩な話題が武器。バーの町で光る店に。

バーと思って訪れるとブックカフェのような設えに面食らうが、オーナーが装丁デザイナーの河底典宏氏と聞けば納得。山谷頼子さんは、神楽坂〈夢幻〉勤務時代に河底氏に出会い、今の店を立ち上げから任された。
 まだ31歳だが、修業歴は10年。その多くを神楽坂で過ごした。モルト専門店もあればカクテルのカリスマもいる町で、何をウリにするか。考えたときにコーヒーが頭に浮かんだ。昔から大のコーヒー好きで、一度はコーヒー屋を夢見たほど。これまで飲んだ中で「別格においしかった」と話す元住吉〈Mui〉の豆を仕入れ、多彩なコーヒーカクテルを提案する。アブサンとミルクを合わせた一杯は、「異端のバレエダンサー、セルゲイ・ポルーニンのイメージ」なのだとか。小原流生けを学び、カウンターのも自分で生ける。店名も大好きな落語の演目から。多方面に興味のアンテナを張り、掘り下げる。バーテンダーは天職かもしれない。店で落語や生けのイベントを行うことも。バーは確実に、新しい時代を迎えているようだ。

カテゴリの記事をもっと読む

バー かすがい/東京都新宿区神楽坂3ー6 The Room 5F☎03・6280・8468。20時〜翌3時(日15時〜24時)。月曜休。チャージ1,000円。カクテル1,100円〜、ウイスキー900円〜(すべて税込み)。純文学から漫画、画集まで蔵書も充実。コーヒーのみの注文も可。

photo/
Shin-ichi Yokoyama
text/
Kei Sasaki,Hikari Torisawa,Ai Sakamoto

本記事は雑誌BRUTUS854号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は854号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.854
20年通えるバー。(2017.09.01発行)

関連記事