糸井重里、とんかつを考える。

糸井重里、とんかつを 考える。

No. 852(2017.08.01発行)
とんかつ好き。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

SHIGESATO ITOI

1948年群馬県生まれ。「ほぼ日刊イトイ新聞」主宰。広告・作詞・文筆・ゲーム制作など幅広い分野で活躍する。著書に『抱きしめられたい。』『忘れてきた花束。』(共にほぼ日)など多数。はみだしクエスチョン「とんかつの付け合わせのポテトサラダは好き?」☞「正直なくてもいいと思っているんだけど、あれは“お客様、ようこそ”というお店の真心だと思うので、ありがたくいただきます。箸袋だって実際なくてもいいものだけど、あれも真心だもんね」

photo/
Taro Hirano
text/
Yuriko Kobayashi

本記事は雑誌BRUTUS852号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は852号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.852
とんかつ好き。(2017.08.01発行)

関連記事