Le Cercle by Vintage&Cie

Coming Soon?? |日本に来て来て、あの店、このサービス!

No. 852(2017.08.01発行)
とんかつ好き。
ギャラリーのように整然と並ぶヴィンテージワイン。スピリッツ系にも力を入れ、とても稀な品が並んでいる。
地下にあるテイスティングやパーティが可能なスペース。
コルクに針を刺すだけのオープナーCORAVIN。
お宝が眠るカーヴ。
個人でスペースをレンタルできるマイ・カーヴのコーナー。

愛好家が小躍りする 稀少なワインばかりを 提供する店。

パリにワイン専門店多しといえども、年代物の稀少な銘柄を専門としている随一の店が、ここ、〈ヴィンテージ&カンパニー〉だ。
 通常、ワイン専門店では、稀少なワインが20%、こなれた値段の売りやすい品が80%だが、この店では稀少品が80%以上。シャトーで眠っていた逸品に、閉店した有名レストランのカーヴやコレクターから直接、集めたものがほとんどだという。その多くは、出元などの証明書が付いている。19世紀のワインもあり、一番古い品は、1864年のムートン・ロスチャイルドで、値段のつけようがないので、交渉になるという。
 ヴィンテージ以外は、店のエキスパートたちが全国の生産者を地道に回って、探してきた掘り出し物が占める。将来的に期待できる銘柄を育てていこうという姿勢からか、市場にあまり出回っていないものも多いという。毎週木曜の夜に、そんなお薦めワインを味わう会があり、気に入れば、割引値段で購入できる。
 また、店のカーヴに個人のワインをストックしてくれるというオリジナルなサービスが受けている。国外から定期的にパリに来る愛好家たちや、もちろん一般の人たちにとってもワインの保管をしてくれるのは大助かり。大切なワインが状態良く保存される安心のシステムである。
 そんな、ワインへの情熱や、ワインに対する真摯な姿勢が感じられる、最上級の専門店だ。

この店の魅力は?

1 店のカーヴに自分のワインをストック可能。
2 稀少なワインやスピリッツが常時1,000本強。
3 毎週木曜夜にお薦めワインのテイスティング。

カテゴリの記事をもっと読む

ル・セルクル バイ ヴィンテージ&カンパニー

宣伝なしでもワイン愛好家やコレクターの間で有名に。●199, rue du Faubourg Saint Honoré 7500
8 Paris☎(33)9・6684・9843。11時~19時30分。日曜・祝日休。http
://www.vintageandcie.com/

photo/
Manabu Matsunaga
text/
Takaaki Suzuki
edit/
Kazumi Yamamoto

本記事は雑誌BRUTUS852号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は852号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.852
とんかつ好き。(2017.08.01発行)

関連記事