ハゲとわさび。

男の色気

No. 851(2017.07.15発行)
台湾で見る、買う、食べる、101のこと。

 わさびがハゲに効くという研究結果が発表され、ネット上でちょっとした騒ぎになっている。どうやら、本わさびに含まれる成分が育毛に役立つことが発見されたらしい。日本原産のわさびが世界中のハゲの希望の光となったことは喜ばしい限りだ。つくづくこの国に生まれて良かったと思う。これにより、鮨や蕎麦の人気はさらに高まり、日本食ブームがさらに加熱するのは明らか。わさびを原料にした頭皮パックなんてのも当然出てくるだろう。そのうち、すしざんまいの社長も大間のマグロより、西伊豆の本わさびをセリ落とす日が来るかもしれない。
 ハゲと食べ物の関係はかなり以前から言及されてきた。カレー粉もわさびと同様、育毛に効果抜群な漢方成分が含まれているらしい。実際、カレーの発祥国インドは、最もハゲ率が低いとされている。辛い物はハゲに効く 逆に、世界一ハゲが多いとされるチェコは、国民1人当たりのビール消費量が世界一。肉の消費もかなりだと聞くから、肉やビールは頭皮に良くないという持論も簡単には否定できまい。この夏は、好物の肉とビールを、鮨と日本酒に変えてみようか。西城秀樹の頃からバーモントカレーの甘口派だった俺だが、明日からココイチのカレー1辛で特訓開始だ。燃えてきたぜ、サマー!

やぐち・けんいち/1975年生まれ。ヘア&メイク。〈駿河台 矢口〉店主。

text/
矢口憲一
edit/
Asuka Ochi
illustration/
Aiko Fukuda

本記事は雑誌BRUTUS851号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は851号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.851
台湾で見る、買う、食べる、101のこと。(2017.07.15発行)

関連記事