ライフスタイル

403architecture[dajiba]

約束建築、リノベーション報告。

No. 850(2017.06.30発行)
建築を楽しむ教科書
2階「スタディホール」。梁の下に新しく角材をつけて補強した。
2階階段ホール。
柱を壁の中に隠さずに露出させたつくりは元のまま。照明やスイッチ、棚の位置を変えて暮らしの変化に対応できる。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

ライフスタイルカテゴリの記事をもっと読む

403architecture
dajiba
1985年生まれの彌田徹、1986年生まれの辻琢磨、1984年生まれの橋本健史で2011年に設立、静岡県浜松市を拠点にしている。主な作品に〈富塚の天井〉〈代々木の見込〉など。本企画より〈網代の列柱〉のほかに5案件が控えている。

photo/
Kenta Hasegawa Takeshi Abe
text/
Naoko Aono
edit/
Tami Okano

本記事は雑誌BRUTUS850号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は850号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.850
建築を楽しむ教科書(2017.06.30発行)

関連記事