建築・インテリア

虫塚

これも建築?

No. 850(2017.06.30発行)
建築を楽しむ教科書
6月4日(虫の日)は年に1度の虫供養。老若男女の虫好きが集まって、養老さんの講演の後、お経とともに虫たちに祈りを捧げた。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

虫塚

2015年竣工。鎌倉の禅寺、建長寺の境内に立つ虫を供養するモニュメント。虫かごをイメージしたステンレスメッシュ製のケースを40個、渦状に積み重ね、虫が天へと飛翔する姿を再現。●神奈川県鎌倉市山ノ内8☎0467・22・0981。8時30分~16時30分。拝観料500円。

隈 研吾
くま・けんご/1954年神奈川県生まれ。90年に隈研吾建築都市設計事務所設立。97年の日本建築学会賞ほか、受賞多数。2009年より東京大学教授。代表作に〈根津美術館〉(東京)、〈サントリー美術館〉(東京)など。著書に『負ける建築』(岩波書店)ほか多数。

本記事は雑誌BRUTUS850号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は850号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.850
建築を楽しむ教科書(2017.06.30発行)

関連記事