ライフスタイル

ラ コリーナ近江八

開く会社・開くオフィス

No. 850(2017.06.30発行)
建築を楽しむ教科書
水田越しに見る銅屋根の全景。左手が展望室で、右手にクスノキ。
本社のエントランスでは、漆喰塗りの空間に苔山が築かれている。
床の穴にも土と苔が。
展望室バルコニーも漆喰塗り。屋根の銅板から出る緑青が伝わり変色する。
〈ラ コリーナ近江八幡〉で最初につくられたメインショップ。高麗芝で屋根が覆われている。
内部の吹き抜けに光を届けるドーマー窓が、屋根に連続して現れる。
椅子やベンチ、テーブルのデザインも藤森によるもの。
本社の外周部にはクリの丸太柱が並べられた。
藤森と協働し、実施設計と施工監理を行ったアキムラ フライング・シーの中谷弘志。
水田を囲むように建物が配置された。

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

ライフスタイルカテゴリの記事をもっと読む

ラ コリーナ近江八幡

2016年竣工のたねやグループ本社のほか店舗〈メインショップ〉〈カステラショップ〉など。カフェのテーブルや椅子、内装は藤森によるデザイン。●滋賀県近江八幡市北之庄町615−1☎0748・33・6666。9時〜18時(カフェ17時LO)。不定休。ガイドツアーもある。

850-078-12.jpeg

藤森照信
ふじもり・てるのぶ/1946年長野県生まれ。建築家建築史家。東京大学名誉教授、工学院大学特任教授。東京都江戸東京博物館館長。近代建築史・都市史研究を経て、〈神長官守矢史料館〉で建築家デビュー。代表作に〈ニラハウス〉〈熊本県立農業大学校学生寮〉など。

photo/
Kiyoshi Nishioka
text/
Jun Kato

本記事は雑誌BRUTUS850号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は850号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.850
建築を楽しむ教科書(2017.06.30発行)

関連記事