建築・インテリア

Good Job! センター香芝

働くケンチク

No. 850(2017.06.30発行)
建築を楽しむ教科書
いろいろな場所が寄り集まって建物ができている。
2階からの見下ろし。ランダムな木の壁で区切られ、多様な居場所が生まれる。
館内各所に隠された壁状の扉で小部屋に区切ることもできる。2階では全国約70施設・団体で生まれた商品をセレクトし棚に整理、販売や卸がなされている。
〈Good Job! センター香芝〉は2棟からなり、ここはアトリエのある北館。企業やクリエイターともコラボしており、この日はプリントユニットのBoBho−hoと製作したTシャツをチェック。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録してお楽しみください。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

Good Job! センター香芝

2016年竣工。障害のある人と共に新しい仕事を生み出す拠点。魅力的なオリジナルおよびセレクトアイテムも販売。オンラインショップ「GOOD JOB STORE」も。●奈良県香芝市下田西2−8−1☎07
45・44・8229。10時〜17時(カフェ・ストア11時〜)。日曜・祝日休。

大西麻貴
百田有希
おおにし・まき/1983年生まれ。ひゃくだ・ゆうき/1982年生まれ。大西麻貴+百田有希/ o+hを2008年設立。多様な居場所のあるオープンエンドな建築が魅力。公共建築のコンペに強い。二重螺旋の家(東京)、福智町立図書館・歴史資料館〈ふくちのち〉(福岡)など。

photo/
Kiyoshi Nishioka
text/
Katsura Hiratsuka

本記事は雑誌BRUTUS850号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は850号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

No.850
建築を楽しむ教科書(2017.06.30発行)

関連記事