ライフスタイル

まちなか交流広場 ステージえんがわ

みんなの溜まり場

No. 850(2017.06.30発行)
建築を楽しむ教科書
散歩の休憩、子供の遊び場、待ち合わせ場所など、使い方はさまざま。
「えんがわ」の様子。腰をかけられる場をつくるだけで、自然発生的に人の交流が生まれる。
壁のないワンルームの木造平屋。夜、明かりが漏れる様子に思わず立ち寄りたくなる。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

ライフスタイルカテゴリの記事をもっと読む

まちなか交流広場 ステージえんがわ

2016年竣工。大屋根の下には、ピアノが置かれたフリースペースや、食堂〈三条スパイス研究所〉が点在する。●新潟県三条市元町11−63☎070・2827・8883。9時〜19時。無休。利用自由。食堂は10時〜20時で原則水曜・第1火曜休。

手塚貴晴/手塚由比
てづか・たかはる/1964年生まれ。てづか・ゆい/1969年生まれ。〈森の学校キョロロ〉〈ふじようちえん〉のほか住宅設計も多数。

photo/
Ichiro Sekikawa

本記事は雑誌BRUTUS850号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は850号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.850
建築を楽しむ教科書(2017.06.30発行)

関連記事