生活・スポーツ

Volkswagen Tiguan

クルマのある風景

No. 844(2017.04.01発行)
はじまりの音楽
撮影/徳永 彩

クルマのスマホ化を占う、ドイツ・ナンバーワンのコンパクトSUV。

 遂に世界自動車販売台数で首位に躍り出たフォルクスワーゲン。原油安の追い風や欧州中国での販売が好調に推移した結果ですが、これに少なからず貢献したのが同社のティグアンです。本国ドイツではコンパクトSUVのカテゴリーで販売台数第1位! また、同カテゴリーは市場環境を一変させる人気を集めており、各社が力を注ぐ分野でもあります。当然、トレンドの半自動運転をはじめとした最新の安全装備に加え、悪路での走破性についても向上させています。注目は最新のネットワーク環境に対応した、独自のインフォテイメントシステムの採用でしょう。これにより渋滞情報や駐車場検索に加え、エンタメ要素を含めよりスマートフォンとの連携が濃厚となっています。今やクルマのスマホ化というのは避けられない道なので、それを占う意味でも面白い存在です。

左右非対称にデザインされた運転席周り。より、ドライバー中心のレイアウトを採用。

室内長は26㎜延長され、リアシートの膝周りのスペースは29㎜延びている。また、荷室容量も615ℓに拡大。

Today's Photographer

Aya Tokunaga

東京都生まれ。多摩美術大学卒業の後、1996年から写真家として活動をスタート。ミュージシャンや俳優のポートレートを手がける一方で、雑誌等をはじめ、広告やCFなどで活躍。個展『photogenic!』
2016年)のほか、フランス国立図書館神戸ファッション美術館にはプリントが収蔵されている。
「コンパクトSUVといっても堂々としたフォルムに、押し出し感も強い印象です。それが最も強く出ているのが、このフロントフェイス。それをストレートに写真で表現してみました」

フォルクスワーゲン ティグアン

ドイツで絶大な人気を誇るコンパクトSUV。今作で2代目、8年ぶりのフルモデルチェンジで上陸。税込み3,600,000円~(フォルクスワーゲン☎0120・993・199 http://www.volkswagen.co.jp/)。

photo/
Aya Tokunaga
text/
Kohei Kawakami

本記事は雑誌BRUTUS844号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は844号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

No.844
はじまりの音楽(2017.04.01発行)

関連記事