ファッション

FRANKLIN TAILORED

行く理由のある店。

No. 843(2017.03.15発行)
ファッション特大号 忘れられない買い物。
ケージが印象的な入口正面の什器は1900年代の英国の郵便局のもの。
前振りの袖が特徴的なテーラーメイドのシグネチャーブルゾン。
スタジャンの刺繡には、日本独自の技法の横振りミシンを使用。
入口は、白壁に木製の引き戸。控えめな和風の佇まいが特徴的。
デザイナー板井秀司。複数のセレクトショップを経て2012年独立。
什器は、ヨーロッパのアンティークと大正時代の日本のもので構成。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録してお楽しみください。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

shop data

FRANKLIN TAILORED

2013年表参道から神田に移転。アパレル会社のショールームだった建物の床材や白壁を生かした内装。昨年、京都店もオープン。●東京都千代田区岩本町3−3−2☎03・5809・1888。11時〜20時。火曜休。

photo/
Yasuyuki Takaki
text/
Shigeo Kanno

本記事は雑誌BRUTUS843号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は843号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

No.843
ファッション特大号 忘れられない買い物。(2017.03.15発行)

関連記事