Bellocq

スタイルのある ティーメーカー。

No. 842(2017.03.01発行)
新しいティーカルチャー。
ハイディは美しいものに触れたときの息を呑む感覚を「ウッシュ」と呼ぶ。「扉を開けた瞬間に、別世界が広がり、誰もがウッシュを感じる場にしたい」
アトリエを訪ねる人には、いつも無料でお茶が振る舞われる。
アトリエと併設の空間をデザインしたのは、ハイディの夫スコット。
同じ会社の違う部門で働いていた2人を結びつけたのもお茶への愛だった。
視覚、嗅覚、触覚を通じて茶葉を知るためのプレゼンテーション。
ティーバッグならぬエンベロープと茶葉がセットになったボックス32ドル。

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

カテゴリの記事をもっと読む

ベロック/104 West Street, Brooklyn☎(1)347・463・9231。12時~18時(金・土~19時、日〜17時)。月曜・火曜休。ブルックリンの北西端の倉庫街にある工場兼アトリエ。日本では〈H.P.DECO〉(☎03・3406・0313)で一部取り扱い。

photo/
Christina Michelle Holmes, Satoko Imazu (5)
text/
Yumiko Sakuma

本記事は雑誌BRUTUS842号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は842号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.842
新しいティーカルチャー。(2017.03.01発行)

関連記事