アート

Untitled(James Osterberg, 1970),(2006)|ティム・リー

チンキビジュツ〜世にもおかしなアートの世界〜

No. 840(2017.02.01発行)
みんなのZEN。
©Tim Lee; Courtesy of Lisson Gallery

 私の特技はイナバウアー(く、苦しい……)! でも残念ながらそうではありません。タイトルにある“ジェームズ・オスターバーグ”という人物。実は元祖パンク野郎、イギー・ポップの本名です。明らかに画像加工ソフトを使い、仕込まれたこの写真作品は、1975年生まれの韓国人、ティム・リーというカナダを拠点に活動するアーティストによるもの。作品にしばしば本人が登場するのも特徴です。それにしてもガチでこのポーズを披露したイギー・ポップはやはり強者ですが、この写真がただのエンターテインメントかというと、単純にそうは言えなさそう。“真似る”と“学ぶ”は同源の言葉だというくらい、模倣する行為は人間の本能に近しいものがあるけれど、「真似したくない」と思いつつも、知らず知らずのうちに似た行動をしてしまうのが宿命ってもの。が、「なれないけど、なりたいんじゃあ!」という衝動と葛藤は、ないよりもずっと人間らしい。そんなことを思わせてくれる、きっぷのいい作品ではないでしょうか。

アートカテゴリの記事をもっと読む

text/
中村志保

本記事は雑誌BRUTUS840号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は840号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.840
みんなのZEN。(2017.02.01発行)

関連記事