エンターテインメント

『あやとりの記』|石牟礼道子/著

私の価値観を180度変えた一冊。

No. 838(2016.12.15発行)
危険な読書
水俣で過ごした幼き頃の日々を熊本弁によって自伝的に語った著書。すでに彼岸へと渡ってしまった大人たちとの交流を含め、自然との戯れの日々。福音館文庫。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

エンターテインメントカテゴリの記事をもっと読む
photo/
Shinichiro Fujita
text/
Yuriko Kobayashi, Toshiya Muraoka, Keisuke Kagiwada, Toko Suzuki, Hirokuni Kanki, Kosuke Ide
edit/
Keiko Kamijo

本記事は雑誌BRUTUS838号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は838号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.838
危険な読書(2016.12.15発行)

関連記事