エンターテインメント

日本一イベントの多いミニシアターは商店街の一角に!┃元町映画館

夢は大きく! 地元密着ミニシアター。

No. 837(2016.12.01発行)
ハズレ知らずの映画選び
自分たちで天井のペンキを塗ったり、閉館する奈良の映画館から譲り受けたカーテンを壁面に張るなど、経費をかけずに手造り。
2階はウェイティングルーム。ここではトークショーや勉強会なども開催される。奥には試写室も。またゴダール研究家に解説してもらいながらのゴダール映画の上映会など、イベントも地元の映画ファンたちから好評を得ている。
支配人の林未来さんは元映写技師。現在は映写技師を含む5名が中心となって館を切り盛り。
館は商店街の中に。カフェ、レストランなど近隣ショップとのタイアップイベントなども開催。地元密着の映画館として親しまれている。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

エンターテインメントカテゴリの記事をもっと読む
photo/
BOMB-GO, Ayumi Yamamoto, Fumihiko Sekiguchi, Masaharu Sakaue, Chotaro Oowan
text/
Yoshikazu Itamoto, Miho Inada, Hitoshi Itamoto

本記事は雑誌BRUTUS837号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は837号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.837
ハズレ知らずの映画選び(2016.12.01発行)

関連記事