ライフスタイル

島田 陽 タトアーキテクツ/島田陽建築設計事務所|月見山の住居

建築家が考える新しい、庭のある暮らし。

No. 836(2016.11.15発行)
特集・庭
大きなトップライトから自然光が降り注ぐ庭。2階の寝室と将来アロマテラピーの施術室とする部屋を空中ブリッジがつなぐ。
玄関扉を開くと土間の代わりに庭が現れ、その向こうに居間が見える。不織布を用いた軽やかなカーテンが風に浮かぶ。
庭の片隅にカーテンだけで仕切られた開放的なバスルームと、業務用のシンクを設置しただけの即物的な洗面スペースがある。
居間から見た庭。軽やかな木製サッシで仕切られ、床のレベル差も最小限で、居間と一体化する。
庭仕事をする奥様。植物事務所〈COCA-Z〉による植栽計画でハーブなどが島状に植えられている。

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

ライフスタイルカテゴリの記事をもっと読む

島田 陽
タトアーキテクツ/島田建築設計事務所

1972年兵庫県生まれ。京都市立芸術大学大学院修了後、タトアーキテクツ/島田建築設計事務所設立。作品に吉岡賞を受賞した「六甲の住居」など、著書に『島田陽|日常の設計の日常』(LIXIL出版)などがある。

月見山の住居

1階は6m四方の庭とリビングダイニング、2階はトップライトを挟んで寝室と店舗空間があり、来客者用の外階段も付いている。●所在地/兵庫県神戸市●家族構成/夫婦+子供1人●構造/木造●規模/地上2階●設計期間/2013年6月〜15年8月●施工期間/2015年11月〜16年4月●敷地面積/139.36㎡●建築面積/69.31㎡●延床面積/117.37㎡

photo/
Satoshi Nagare, Koji Fujii (nacasa & Partners)
text/
Chizuru Atsuta, Katsura Hiratsuka, Yuka Uchida

本記事は雑誌BRUTUS836号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は836号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.836
特集・庭(2016.11.15発行)

関連記事