ライフスタイル

栗原健太郎+岩月美穂 studio velocity|都市にひらいていく家

建築家が考える新しい、庭のある暮らし。

No. 836(2016.11.15発行)
特集・庭
建て主宅の2棟と両隣2棟の4棟で囲まれた庭。真ん中に庭の空間をつくったことで、たっぷりと光を採り込むことが可能になった。
ひときわ目をひくファサード、その上はリビングを兼ねた多目的スペースの棟で全面ガラス張り。開かれた空間は客間としても利用。
棟と棟の間は12mほど。ハンモックやブランコを置いて子供の遊びスペースにも。
入口から住居棟までゆるやかに高くなった土地。その高低差を利用して2棟を設計した。断面図のように半階ずつ高さをずらした構造。
高い木を数本植えたことで、両棟に架かるブリッジは森の中を歩いているかのように楽しめる。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

2020年7月1日〜31日まで無料キャンペーン期間中。
詳しくはこちらをご覧ください

ライフスタイルカテゴリの記事をもっと読む

栗原健太郎+岩月美穂
studio velocity

1977年埼玉県生まれ/1977年愛知県生まれ。石上純也建築設計事務所を経て、2006年〈studiovelocity〉設立。現在は愛知県岡崎市を中心に活動。「擁壁のまちをつなぐ家」で第4回JIA東海住宅建築賞2016優秀賞を受賞。

都市にひらいていく家

機能に合わせて2棟に分棟した住宅。中央を庭にし、都市に対して視線を開いていく。●所在地/愛知県名古屋市●家族構成/夫婦+子供1人+犬1匹●構造/鉄骨造●規模/地上3階●設計期間/2011年1月〜13年3月●施工期間/2012年10月〜13年3月●建築面積/53.75㎡●延床面積/105.01㎡●建築/studio velocity●実施設計/studio velocity

photo/
Satoshi Nagare, Koji Fujii (nacasa & Partners)
text/
Chizuru Atsuta, Katsura Hiratsuka, Yuka Uchida

本記事は雑誌BRUTUS836号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は836号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.836
特集・庭(2016.11.15発行)

関連記事