アート

姫本剛史┃アートに埋もれる幸せと使命感と。

アートと暮らせば。

No. 834(2016.10.15発行)
現代アートと暮らしたい!
田口行弘のマンホール柄をプリントしたTシャツを着て、柏原由佳の絵画を背景に。
右上はエアコンの風に反応してライトがつく毛利悠子の作品。その下の2つの絵は中谷ミチコ。その下は上田勇児の陶芸。中央の丸い作品は木村太陽で下のアントワーヌ・ダガタは木村作品と併せて持ちたいと購入。左下は山本渉。布の作品とそれを撮影した写真は別々に販売されていたが、セットで持たなければと両方購入。
イーゼルを使えば壁を傷つけずに飾れる。この作品は上田尚宏のドローイング。
右下は箱の中のiPadで映された映像を小さな覗き窓から見る津田道子の作品。
ナイル・ケティングの映像作品はオリジナルケース入り、証明書付きで納品された。

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

アートカテゴリの記事をもっと読む
photo/
Kenta Aminaka
text/
Sayuri Kobayashi

本記事は雑誌BRUTUS834号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は834号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.834
現代アートと暮らしたい!(2016.10.15発行)

関連記事