〈古都台南担々麺〉の切り干し大根の玉子焼き

ふわふわ卵の秘密。

No. 833(2016.10.01発行)
町の中華
切り干し大根の玉子焼き594円。刻んだ切り干し大根と長ネギが風味を添える。サイズは直径約12㎝と小さめ。
卵料理はほかにエビと玉子炒め1,026円(写真)、牡蠣と野菜のオムレツ810円なども。
池袋西口から徒歩2分。14年間厨房を切り盛りするのは台北出身のシェフ。味つけや食器使い、店内の風情にも現地の空気を感じさせる。

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

カテゴリの記事をもっと読む

古都台南担々麺

池袋西口に1992年オープン。創業時からの看板の一つ、台南発祥の担仔麺は小碗サイズで〆に最適。162円。●東京都豊島区西池袋1−40−5 名取ビル2F☎03・5951・3388。17時~翌3時(日・祝〜24時)。無休。

photo/
Shin-ichi Yokoyama, Kanako Nakamura
text/
Yoko Fujimori

本記事は雑誌BRUTUS833号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は833号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.833
町の中華(2016.10.01発行)

関連記事