〈兆徳〉のカニ玉

ふわふわ卵の秘密。

No. 833(2016.10.01発行)
町の中華
卵3個とカニ肉、タケノコ、シイタケ、ネギ。熱した油に注げばジュワッと膨らみふわふわに。沸騰するあんをかけると、やがてツヤツヤと輝きだす。マジック!
卵3個とカニ肉、タケノコ、シイタケ、ネギ。熱した油に注げばジュワッと膨らみふわふわに。沸騰するあんをかけると、やがてツヤツヤと輝きだす。マジック!
卵3個とカニ肉、タケノコ、シイタケ、ネギ。熱した油に注げばジュワッと膨らみふわふわに。沸騰するあんをかけると、やがてツヤツヤと輝きだす。マジック!
卵3個とカニ肉、タケノコ、シイタケ、ネギ。熱した油に注げばジュワッと膨らみふわふわに。沸騰するあんをかけると、やがてツヤツヤと輝きだす。マジック!
トロリと透明に澄んだあんの中身は酢、醤油、砂糖、鶏ガラスープ、片栗粉。そのほかレモン汁を入れるのがマイルドな酸味のヒミツ。カニ玉950円。
本郷通り沿い、赤い看板を目指して。斜体のかかったロゴの風情もナイス。
店内には古今亭志ん朝師匠のサイン入り色紙が飾られる。L字形カウンターのほかに、テーブル席3卓も。
トマトの玉子炒めもオススメ。こちらはキクラゲ入り。650円。

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

カテゴリの記事をもっと読む

兆徳

店名は朱徳平さんと奥様の兆海さんの名前から。玉子チャーハン650円、兆徳そば700円なども定番。●東京都文京区向丘1−10−5☎03・5684・5650。11時30分〜14時30分、17時30分〜23時30分(土・日・祝〜22時)。不定休。

photo/
Shin-ichi Yokoyama, Kanako Nakamura
text/
Yoko Fujimori

本記事は雑誌BRUTUS833号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は833号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.833
町の中華(2016.10.01発行)

関連記事