ファッション

想像力を掻き立てる、riheiの物語。

新進デザイナーの乱

No. 832(2016.09.15発行)
ファッションジャーナル2016
昨年の萬福寺(大阪)での展示会風景。
2016年のルック。コートの模様は『モモ』から着想を得た。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

ファッションカテゴリの記事をもっと読む

Rihei

りへい/1984年シカゴ生まれ。ベクショー大学(スウェーデン)でアートを学び、ロンドンでファッションの経験を積む。2015年riheiをスタート。東京と関西を拠点に、年に1度のペースでコレクションを発表。神戸ファッション美術館のショップでも取り扱い中。

text/
Shiho Nakamura
edit/
Shiho Nakamura

本記事は雑誌BRUTUS832号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は832号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.832
ファッションジャーナル2016(2016.09.15発行)

関連記事