アート

写真家・星野道夫を語る|今森光彦

No. 830(2016.08.16発行)
こんにちは、星野道夫。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

アートカテゴリの記事をもっと読む

今森光彦

いまもり・みつひこ/1954年滋賀県生まれ。写真家。第20回木村伊兵衛写真賞、第28回土門拳賞受賞。著書に『今森光彦 昆虫記』(福音館書店)、『里山物語』(新潮社)、『萌木の国』(世界文化社)など。ペーパーカット作家でもある。

photo/
Masaru Tatsuki
text/
Kosuke Ide

本記事は雑誌BRUTUS830号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は830号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.830
こんにちは、星野道夫。(2016.08.16発行)

関連記事