立石

No. 829(2016.08.01発行)
酒場のある商店街へ。
店主・日髙寿博さん。接客もマイルド。
おでんダネはこの店オリジナル。中華揚200円はちょいピリ辛。奥は、本格和食のいちじくのごま味噌かけ600円
相変わらず、上級者も大満足の日本酒の品揃え。ワイン先輩たちに教わりながら、自然派ワインもレアものを揃えた。
いい器も惜しげなく使う。笠間焼の作家さんにも特注。
〈宇ち多゙〉から贈られた暖簾が光る。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

カテゴリの記事をもっと読む

二毛作

【おでん】

本格和食に熱々のフライ、料理も酒もぐっと深まってます。

しみじみおいしいおでんは100円〜。名物のトマト400円など30種以上。一品料理も充実、いや、大充実。生ビール熟撰600円、自然派ワインはグラス750円〜。●東京都葛飾区立石1−14−4☎03・3694・2039。14時〜22時LO(土12時〜20時LO)。日曜・第3月曜休。

photo/
Satoko Imazu
text/
Michiko Watanabe

本記事は雑誌BRUTUS829号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は829号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.829
酒場のある商店街へ。(2016.08.01発行)

関連記事