MACARONS GOURMANDS

Coming Soon?? |日本に来て来て、あの店、このサービス!

No. 825(2016.06.01発行)
おいしいお菓子
店に入ると、ぱっと目に飛び込んでくるカラフルなメインケース。お土産にしても喜ばれる。
ピーマンのマカロン。
生地使用のスナック。
高級デリ並みの陳列棚。
ジャルディニエにはフォアグラやトリュフも。
目の前で作ってくれるマイ・マカロン。
マエストロの称号を持つシェフ。

野菜フレーバーからオーダーメイドまで。パリで話題のマカロン店。

 パリで、エクレアなど、1種類のパティスリーのみを扱うモノ・パティスリー店がいまでこそ流行っているが、17年前からマカロンをベースにクリエイションを展開しているのが、マカロン・グルマンだ。
 店内にはバニラなどのベーシックなものから、今月のマカロン、季節のマカロンが9種類と、常に新しいオリジナルテイストのマカロンが並ぶ。クリームを挟む上下の生地に違う味を使ったり、クリームを2種類挟むなど、絶妙な味のハーモニーを堪能できるのが特徴だ。また、マカロンの生地のみを使い、お茶のお供やアペリティフに合うものから、キャンディ、ケーキまで取り揃え、マカロンのバリエーションでは、他に類を見ない専門店となっている。
 お薦めは、主に野菜をベースにしたオリジナル品のジャルディニエ。パリ地方の食品発明賞を受賞した甘さを抑えた塩気のあるもので、前菜やパーティのフィンガーフードとして大人気。そして、世界中でもここだけというのが、マカロンのカスタマイズ、モン・マカロン・ア・モア。大きめの生地5種、クリーム6種、クリームと生地にかけるトッピングが16種あり、好みで選んで、世界に一つのマイ・マカロンを作ってくれるというサービスが大受け。
 シェフは、ヤニック・ラフォー氏。マカロンをこよなく愛し、常に研究を重ね、豊富なアイデアで新しいクリエイションを発表している。次の新作が楽しみな店だ。

この店の魅力は?

1 自分だけのオーダーメイド・マカロンが作れる。
2 前菜にもなる甘さを抑えた野菜系マカロンも。
3 生地を使ったお菓子やスナックも豊富に揃う。

カテゴリの記事をもっと読む

マカロン・グルマン
Paris
マカロンは1個1.60ユーロ~。常時約40種類は揃う。●62, rue de Seine 75006 Paris☎(33)・1・43・54・09・29。11時~19時(日~18時)。月曜休、祝日不定休。http://www.macarons-gourmands.fr/

photo/
Manabu Matsunaga
text/
Takaaki Suzuki
edit/
Kazumi Yamamoto

本記事は雑誌BRUTUS825号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は825号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.825
おいしいお菓子(2016.06.01発行)

関連記事