ファッション

70年代のサーフ文化をリアルに体現する。|トロピカル松村

古着と私。

No. 824(2016.05.16発行)
古着好き。
70年代後半からのサーフファッションをリアルなヴィンテージで追求する28歳。〈ライトニングボルト〉のジェリー・ロペスシェイプを抱え、由比ケ浜を歩く。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

ファッションカテゴリの記事をもっと読む

トロピカル松村

●編集者
1988年兵庫県生まれ。22歳の時にレトロ・サーフカルチャーマニアとして業界で注目を浴びる。現在はサーフィン専門誌のエディター。70〜80年代のサーファーディスコDJ、コレクターとしても文化を発信している。

photo/
Ayumi Yamamoto
text/
Seika Yajima

本記事は雑誌BRUTUS824号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は824号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.824
古着好き。(2016.05.16発行)

関連記事