アート

光の強度=存在の強度の独自世界を持ち得た人。|平野啓一郎

私の森山大道。

No. 818(2016.02.15発行)
森山大道と作る写真特集
書斎で写真集の数々を折に触れて見返すそう。一番好きな写真は『光と影』所収のシャクヤクの花を写した一枚(「ハナ」)。

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

アートカテゴリの記事をもっと読む

平野啓一郎

●作家
1975年愛知県生まれ。京都大学法学部在学中の99年『日蝕』で芥川賞受賞。『ハワイ』とコラボレーションした短編「ハワイに捜しに来た男」は『透明な迷宮』に収録。http://k-hirano.com

photo/
Ayumi Yamamoto
text/
Sawako Akune

本記事は雑誌BRUTUS818号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は818号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.818
森山大道と作る写真特集(2016.02.15発行)

関連記事