最初のアイテムの見出し

Brutus Best Bets

No. 817(2016.02.01発行)
漫画ブルータス

自分で組み立てる時計。

英国のデザイン会社〈インストゥルメント〉が手がけた腕時計。自ら組み立てるキット式になった面白いパッケージングが特徴。そんな遊び心のある見た目でも、中身は本格派! 高性能なスイス製のムーブメントと、腕に馴染みのいいスムースレザーとのセットで販売される。キット価格35,000円(インストゥルメント/フィート☎03・3719・1550)

上品なシアサッカージャケット。

今季はカジュアルなワードローブとも合わせやすい細かなストライプ柄で登場した〈ラルディーニ〉のシアサッカージャケット。ワイドなピークトラペルや、ダブルブレストといった細部はきちんとドレッシーな仕様に。日常からパーティまで幅広いシーンで活躍する仕上がりだ。90,0
00円(ラルディーニ/ストラスブルゴ☎0120・383・563)

春らしいカラー別注。

〈クロケット&ジョーンズ〉が展開する数あるモデルの中で、日本人の足にフィットしやすい幅広のラストが採用された「モールトン」。〈ユナイテッドアローズ〉との別注で、清涼感のあるオフホワイトをリリース。80,000円(クロケット&ジョーンズ
フォー ユナイテッドアローズユナイテッドアローズ原宿本店 メンズ館☎03・3479・8180)

チェックのダッフルバッグ。

二次世界大戦中に兵士の備品入れとして活用していたバッグをモチーフに、現代風にモディファイしてシックなナップザック風に仕上げたデザイン。ショルダーバッグ、ナップザックとしてだけでなく、無造作に小脇に抱えるだけでスタイリングのアクセントに。76,000円*参考価格(バーバリーバーバリージャパン☎0066・33・812819)

経年変化が楽しみ。

〈ニードルズ〉から蠟引きしたキャンバス生地の中折れハットが登場。クシャッとさせたニュアンスや、使い込んでできた傷がいい味わいに見えるのが、この生地の魅力。タフになりすぎない、細いレザーリボンとの新鮮な組み合わせ。写真のオリーブ、ブルー、ベージュ、ブラウンの全4色展開。16,000円(ニードルズ/ネペンテス☎03・3400・7227)

3ヵ月かけて作る究極の石鹸。

カンボジア在住の日本人アーティストが作る〈クメール ラビット〉の石鹸。原生林にしか生息しない野生の蜂から取れる蜂蜜を使用し、江戸期から伝わる釜炊き塩析法を用い、全工程を手作業で行う。濃密な成分の泡は保湿力が高く、洗顔とパックが同時に行える。石鹸8,200円、石鹸皿2,000円*参考価格(Rabbit Radiance JAPAN☎092・791・4566)

爽やかなブルーのストライプ。

ロンドンの地下鉄ロゴをブランドレーベルにフィーチャーしたロンドン発の〈ラウンデル ロンドン〉。今季は映画『さらば青春の光』をテーマに、埠頭やビーチに集まる若者たちのユースカルチャーをピックアップ。バックプリントには「A NEW ENVIRONMENT」の文字が。36,000円(ラウンデル ロンドン/アメリカンラグ シー 渋谷店☎03・5459・7300)

首元に光をプラスする。

艶やかな光沢感が出る、キュプラ素材の軽やかなスカーフ。ディープグリーン、ボルドー、ブルーをメインカラーに、様々な色が織りなす3つのストライプ柄。ウォッシュ加工による、くしゃっとしたシワが特徴。さらりとした質感で夏にぴったりのアクセサリー。各33,000円(ボッテガ・ヴェネタ/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン☎0120・60・1966)

オフィスワーカーにおすすめ。

英国の老舗レインブーツブランド〈ハンター〉から、スーツに合わせやすいローカットモデルが初登場。ガロッシュと呼ばれる靴を覆うレイングッズを装着したような、切り替えデザイン。履き口の周りのみ伸縮性のあるラバー素材を用いることで長く履いても疲れにくいフィット感に。27,500円(ハンター/ステップインク☎03・5774・4551)

〈バンソン〉に別注したトート。

レザージャケットやレザーパンツで知られる〈バンソン〉にスペシャルオーダーしたレザートートバッグ。マチがしっかりととられているため、置いても倒れない安定感のある形がポイント。素材は柔らかな牛革を使用。ブラウンのほかにネイビーとブラックの3色展開。45,800円(バンソン フォー ロンハーマンロンハーマン 千駄ヶ谷店☎03・3402・6839)

大人に似合うスニーカー。

1987年に登場したエア マックス シリーズの初代エア マックス 1が、さらに軽量で快適な履き心地を追求しアップデートされた最新の一足。リフレクティブマテリアルを採用し、オールブラックで統一したシックなデザイン。《エア マックス 1 ウルトラ エッセンシャル》13,000円(ナイキ スポーツウェア/ナイキカスタマーサービス☎0120・6453・77)

海軍コラボのビッグフェイス。

イタリアのエルバ島で誕生した時計ブランド〈ロックマン〉。こちらは、イタリア海軍とのオフィシャルコラボモデル《マリーナ ミリターレ イタリアーナ》。クオーツのクロノグラフで、100m防水機能付き。存在感のあるフェイスが頼もしい。〈ロウライフ〉で限定10本のみ発売。17
0,000円(ロックマンロックマン
ジャパン☎03・5542・0310)

ヴィンテージデニムを再構築。

1950〜90年代にリリースされ、穿き古された〈リーバイス®〉のデニム。そのダメージやあたりなど、一本一本が持つ味わいはそのまま生かし、細身なシルエットにカスタムされた〈リダン〉の新作。写真のストレートとテーパードシルエットの2型、ブラックも展開。42,000円(リーバイス® リダン/エストネーション☎03・5159・7800) 

ラグジュアリーなスエット。

1950年代のムッシュ・ディオールのサインが刺繍されたスエット。デザイナーのクリス・ヴァン・アッシュがアーカイブからムッシュ・ディオールの手紙を見つけ、サインをデザインに取り入れた。今年らしい着丈が短くスクエアなシルエット。肉厚なコットン100%。54,000円(ディオール オム/クリスチャン ディオール☎0120・02・1947)

大切な靴のための心強い味方。

愛用品を長く大切に使う北欧文化から生まれた、ストックホルム発〈タンジェントガーメントケア〉のシューケアセット。革に栄養を与えてくれる100%天然由来のクリームとワックス4種、馬毛をたっぷり使用したブラシ2種、クロスが入った基本セット。一生ものの靴を育てるようにケアすることができる。15,500円(BIOTOPE INC.☎03・6427・6424)

大人のトートは高級カーフ。

柔軟で肉厚のカーフを使ったビッグサイズのトートバッグ。サイドのボタンで調節すればバッグの形状を変えても楽しめる。フロントの片側にはジップ式の縦長ポケットが付いているのでチケットやスマホなどの小物が手軽に収納できるのも便利。H42×W42×D22㎝。340,000円(ジョルジオ アルマーニ/ジョルジオアルマーニジャパン

カシミヤの肌触りを体感。

全面にマルチカラーのチェック柄を後染めした技ありのニット。南仏の伝統的なラグからインスパイアされたユニークな一着で、素材には、最高級のカシミヤを使用し、繊細な肌触りが優しく体を包み込んでくれる。また、程よくフィットするサイズ感も今季らしいシルエット。220,000円(ジョルジオ アルマーニ/ジョルジオ アルマーニジャパン

即戦力のローファー。

春夏シューズの定番であるローファーが〈ジョルジオ アルマーニ〉からも登場。オーセンティックなコインローファーで、ラウンドしたトウが魅力。カーフ製で、ソールには滑りにくいラバーソールを採用。デニムにショーツにとマルチなコーディネートが期待できる。145,000円(ジョルジオ アルマーニ/ジョルジオ 
アルマーニジャパン

サクッと羽織れるアウター。

春先に一枚羽織りたいときに便利なのが、こちらのスプリングコート。一枚仕立ての薄手で、生地の端はレーザーカットした特殊ディテールを採用している。ジャケットの上からも気軽にレイヤードできる軽さに撥水加工を備えているので、出張時のアウターとしても活躍間違いなし。540,000円(ジョルジオ アルマーニ/ジョルジオ アルマーニジャパン

編み込みレザーが秀逸。

細くカットしたレザーを編み込んで作られたレザーサンダル。アッパーと足首のストラップで足がしっかりと固定される構造のため、歩行がスムーズなのも特徴だ。ソールは、ラバー素材で、リゾート用としても重宝するシックなデザインもいい。153,000円(ジョルジオ アルマーニ/ジョルジオ アルマーニジャパン☎03・6274・7070)

photo/
Nagahide Takano
text/
Chizuru Oba, Keiichiro Miyata
edit/
Shigeo Kanno
styling/
Chizuru Oba, Keiichiro Miyata

本記事は雑誌BRUTUS817号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は817号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

No.817
漫画ブルータス(2016.02.01発行)

関連記事