ライフスタイル

使って楽しいだろうなと思えるもの。|森岡督行

なかなかいいデザインの見つからないアレ。

No. 816(2016.01.13発行)
いい道具、全部。

何かを狙ってどこかへ行くことはあまりないですね。骨董市やフリマで見つけたり、たまたま立ち寄った店で場当たり的に出会っています。求めるのは、使っているところを想像して楽しいだろうなと思えるもの。箸にしてもいいものはたくさんあると思いますが、これで白米を食べたら楽しかろう! という光景が思い浮かんで買いました。

箸/箸置き

スターネットの箸/小鹿田焼の箸置き

この箸は手作り感があって素朴なフォルムに惹かれました。箸置きは小鹿田焼。本当は鳩なんですが、子供がコウノトリと呼んでいて幸せを運んでくれそうなところもいいなぁと。箸各1,389円(スターネット東京店☎03・5809・3336)、箸置き各200円(もやい工藝☎0467・22・1822)

どんぶり

スターネットの器

〈スターネット〉の馬場浩史さんがデザインを監修したオリジナル。飾り気のなさが気に入って、家族4人分持っています。サラダを盛ったりと、使い道も多いですよ。僕は大食いなので、ご飯ものを食べる時にも使っています。L3,619円(スターネット東京店☎03・5809・3336)

キーホルダー

ヨーガン・レールのキーホルダー

いつか欲しいのがこれ。デザイナーのヨーガン・レールがインド北西部のラタンプールで集めた、一点一点違う瑪瑙石が付いています。呪術的な力が感じられてカッコいいんです。茅場町時代のお店の鍵を、いつもお守りにしています。14,000円(ババグーリ☎03・3820・8825)

ゴミ箱

水草のかご

上からゴミが見える残念な感じが嫌で、お店にもゴミ箱はありません。いつもゴミが出るたびに共用のゴミ捨て場に捨てに行くんです。でも、これは蓋をしておけばゴミも見えないので非常に良い! 自宅のパソコン机の脇に置いています。3,500円(ババグーリ☎03・3820・8825)

ブックエンド

ヴィンテージのブックエンド

高円寺の〈書肆サイコロ〉で譲ってもらった北欧ヴィンテージ。年代などの詳細はわかりませんが、心が弾むような光景が想像できて、すぐに欲しくなりました。読みかけの文庫を何冊か挟むのにぴったりのサイズで、リビングの机の上にちょこんと置いて使っています。

ライフスタイルカテゴリの記事をもっと読む

森岡督行

森岡書店〉店主

もりおか・よしゆき/茅場町〈森岡書店〉は銀座で1冊の本を売る本屋に進化。2月26日から21_21 DESIGN SIGHTで開催の『雑貨展』に参加。

photo/
Kazuharu Igarashi
text/
Asuka Ochi

本記事は雑誌BRUTUS816号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は816号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.816
いい道具、全部。(2016.01.13発行)

関連記事