旅と地域

Pandeia

グレッグ&コーリー・カプラン マウイ島の新旧“クラフツマン”たちを訪ねて。

No. 811(2015.10.15発行)
みんなハワイが好きだから
染色用ドラムで少しずつ染めたカウハイドとアンティークブラスを使った日時計はケルシーのアトリエで一つ一つ手作りされる。
三角の板を垂直に持ち上げて盤のコンパスを北の方角に合わせ、日が当たり影の指す方向で時刻がわかる。
マウイのゆったりとした暮らしを楽しんでいるというケルシー。

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

旅と地域カテゴリの記事をもっと読む

Pandeia

〈パンデイア〉の日時計には創業から通し番号が刻まれており、すでに2,300を超えているとか。WingsHawaii(69 Hana Hwy., Paia☎808・579・3110)のほか、ウェブサイトからも購入可。http://pandeiastudio.com

photo/
Eriko Kaji
text/
Kosuke Ide
special thanks/
coordination/Julie Okada

本記事は雑誌BRUTUS811号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は811号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.811
みんなハワイが好きだから(2015.10.15発行)

関連記事