マンズワイン小諸ワイナリー

ボルドースタイル、日本のカタチ。

No. 810(2015.10.01発行)
世界に挑戦できる、日本ワインを探せ!
仏でワイン醸造士国家資格を取得した島崎大さん
ワイナリーの裏手にあるメルロの畑。平垣根仕立てに、雨よけシートをかぶせたマンズレインカット方式は、カビなどの病害を防いでくれる。
仕込むブドウの量に応じて様々なサイズの発酵タンクを使い分ける。

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

カテゴリの記事をもっと読む

マンズワイン 小諸ワイナリー

小諸/長野県

取材した小諸ワイナリーは1973年設立。18‌のうち自社畑3‌。ワイナリー見学あり(9時〜11時30分、13時〜15時30分*約30分、無料)。●長野県小諸市諸375☎0267・22・6341

photo/
Toru Kometani, Satoshi Nagare, Satoko Imazu
text/
Kei Sasaki, Junko Nakahama

本記事は雑誌BRUTUS810号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は810号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.810
世界に挑戦できる、日本ワインを探せ!(2015.10.01発行)

関連記事