ファッション

シャツとアクセサリー|垂水ゲン

手放せない服。

No. 809(2015.09.15発行)
ファッション特集 服に愛。
修復については垂水さんが指示をして、自社の「直しチーム」が手がける。下着、シャツは基本的に自ら手洗いするという。
数多く身に着けるアクセサリーもすべて長年愛用するもの。存在感のあるアイテムの組み合わせも、圧倒的な個性に馴染んで見える。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

ファッションカテゴリの記事をもっと読む

垂水ゲン

1943年山口県下関生まれ。聖林公司・代表取締役。70年代に〈HOLLYWOOD RANCH MARKET〉をオープン、以後数多くのショップとブランドを手がける。今回の取材は代官山のショップ〈JOURNEY〉の庭「ウララ」にて行われた。

photo/
Katsumi Omori
text/
Kosuke Ide
edit/
Chizuru Oba
styling/
Michio Hayashi
hair | make/
Hiromi Chinone

本記事は雑誌BRUTUS809号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は809号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.809
ファッション特集 服に愛。(2015.09.15発行)

関連記事