旅と地域

里山十帖

No. 806(2015.08.01発行)
わざわざいきたくなるホテル。
緑あふれる里山の中に位置する〈里山十帖〉。ほのかに明かりが灯るレセプション棟は築150年の古民家をリノベーションしたもの。近くにはホタルのいる棚田がある。
レセプションは高さ10mの吹き抜け。冬には4mにもなるという豪雪に耐えてきた梁と柱が印象的だ。左手には彫刻家・大平龍一の作品が鎮座する。
露天風呂「湯処 天の川」から巻機山を望む。少しぬめりのあるお湯は美肌の湯とも。
テーブルで炊き上げられるご飯のおいしさは格別。もちろん指定農家の南魚沼産コシヒカリ。
アジサイ、モミジ、ヨモギ、カキドオシ、セリ…、周辺に生える山野草。春は山菜が豊富に。
2階建ての宿泊棟の廊下は畳敷き。裸足でペタペタ歩くのも心地いい。両側に客室が並ぶ。
全12室の客室はそれぞれデザインや家具が異なる。若手建築家・海法圭による204号室(49㎡)。
早朝マウンテンバイクツアーは棚田をダウンヒル。おさんぽツアーなどアクティビティも。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

旅と地域カテゴリの記事をもっと読む

里山十帖

●さとやまじゅうじょう/新潟県南魚沼市大沢1209−6☎025・783・6777。全12室。1泊26,904円〜。レストラン〈早苗饗〉のみの利用も可能(予約制)。2014年5月オープン。http://www.satoyama-jujo.com/

アクセス/JR大沢駅から車で5分。越後湯沢駅から車で20分、定額タクシー(予約制)も。

周辺情報/上越国際スキー場まで車で2分。越後妻有アートトリエンナーレ会場まですぐ。

土産/併設のライフスタイルショップでは米や自家製味噌のほか、デザイン家具なども。

photo/
Yoichiro Onoda
text/
Rie Nishikawa

本記事は雑誌BRUTUS806号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は806号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.806
わざわざいきたくなるホテル。(2015.08.01発行)

関連記事