音楽・ラジオ

Coming Generation

Nowhere…but CUBA

No. 805(2015.07.15発行)
太陽の音楽
ジャロルディ親子の微笑ましい即興ライブ。「すでにディエゴとは同じステージに立ったよ」と、彼は誇らしげに語った。

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

ジャロルディ・アブレウ・ロブレス

1977年キューバ・オルギン州生まれ。パーカッション奏者。ギター弾き語りから音楽歴をスタートし、様々なグループやセッションに参加。チューチョ・バルデスのツアーメンバーに抜擢される。国内外の著名なミュージシャンとも多数共演し、過去に4度来日経験もある。

photo/
Junmaru Sayama
text/
Hitoshi Kurimoto

本記事は雑誌BRUTUS805号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は805号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.805
太陽の音楽(2015.07.15発行)

関連記事