エンターテインメント

World-Class Player

Nowhere…but CUBA

No. 805(2015.07.15発行)
太陽の音楽
マレコン通りに夜な夜な出没する“流し”の音楽家。トランペットを吹く名物おじさんは渋い声でボレロを歌ってくれた。
インテラクティボのライブにゲスト参加して驚かせたのが、日本でも人気のあるジューサ。
ハバナ市内にあるレストランでは、観光客向けのミュージシャンも多い。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

エンターテインメントカテゴリの記事をもっと読む
photo/
Junmaru Sayama
text/
Hitoshi Kurimoto

本記事は雑誌BRUTUS805号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は805号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.805
太陽の音楽(2015.07.15発行)

関連記事