Profiterole Che‘rie

Coming Soon?? |日本に来て来て、あの店、このサービス!

No. 801(2015.05.15発行)
真似のできない仕事術
3人のパティシエがプロフィットロールを作るカウンター。常時シューは焼きたて、各種ソースも熱々が決め手。
ピンクが基調の店作り。
フィリップ・ウラッカ氏。
塩バターキャラメル風味のサントノーレ6ユーロ。
モン・ブラン6ユーロ。
丁寧に1個ずつ作る。
テイクアウト用の1人分ソース。

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

カテゴリの記事をもっと読む

プロフィットロール・シェリー
Paris
マレのグルメ激戦地に昨年末オープン。大人も子供も大好きなプロフィットロールの初の専門店。●17, rue Debelleyme 75003 Paris☎(33)1・42・77・90・62。12時30分〜20時(土・日10時〜)。月曜休。

photo/
Yolliko Saito
text/
Chiyo Sagae
edit/
Kazumi Yamamoto

本記事は雑誌BRUTUS801号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は801号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.801
真似のできない仕事術(2015.05.15発行)

関連記事