ファッション

限定アイテムが並んだマルニの特別なマーケットは本気買いするゲストが続出!

Party|明日の流行、今宵まるわかり!

No. 801(2015.05.15発行)
真似のできない仕事術
モデルの水原佑果さん。
音楽家の渋谷慶一郎さん。
モデルの長谷川潤さん。
マルニ・ブロッサム・マーケットの世界観を表現したミニチュアを覗く、モデルの松岡モナさん。
ファッションデザイナーの舘鼻則孝さん。
アーカイブファブリックの草履は日本限定。
イラストレーターのエドツワキさん。
屋上ではワークショップも開催。
タレントの小島瑠璃子さん。
左から/スペシャルプロジェクト・クリエイティブディレクターのカロリーナ・カスティリオーニ、デザイナーのコンスエロ・カスティリオーニ。

 パーティ史上、ここまで 「かわいい!」の声が聞こえてきたことがあったでしょうか。マルニが3日間限定で開催したマルニ・ブロッサム・マーケット。そのオープニングパーティに、ゲストのみなさん、大興奮です。
 このイベントは、マルニがブランド設立20周年を迎えて、世界各地で行っているイベント『マルニ・プリズマ』の一環で、ミラノマルニ・フラワー・マーケット、香港マルニ・ルーフ・マーケットに続いて開催されたもの。ビルの1階、2階、屋上の3フロアにわたって展開されたマーケットには、イラストレーターのブライアンレア映像作家のパブロ・デルカンがマルニのために制作した特別映像とともに、ここでしか手に入らないアイテムが並びました。
 例えば、マルニのアーカイブモチーフがプリントされた布バッグや、同じくマルニヴィンテージファブリックで作られたジュエリーなど、その多くは幾何学模様やカラフルな色使いが特徴のマルニらしいもの。震災復興支援に、福島の職人によるアーカイブファブリックの布草履も日本のエクスクルーシブとして販売されました。
 さらには自分でアレンジできるジュエリーやTシャツなども用意され、ゲストのみなさんは本気の買い物モードに突入していました。

このプロジェクトの商品の販売による利益は全額寄付される。

MARNI BLOSSOM MARKET PRIVATE COCKTAIL PARTY

Title マルニ・ブロッサム・マーケット 
プライベート カクテル パーティ
Date 2015年4月2日㈭
Time 18時〜21時
Place ライトボックススタジオ青山
Attendance 約300人

ファッションカテゴリの記事をもっと読む
text/
Hiroya Ishikawa

本記事は雑誌BRUTUS801号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は801号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.801
真似のできない仕事術(2015.05.15発行)

関連記事