雑貨・プロダクト

作り手の想像を超えた姿を、今の感性で愛でる。|安藤サクラ

「骨董品」との付き合い方。

No. 799(2015.04.15発行)
尊敬できる「骨董品」。
ヴェネチアングラスで描かれた繊細な絵柄。1900年代初期のもので、どの色にもほのかにグレーが混ざったような憂いがある。
枯木に鉄釜をはめた火鉢。正面に金と螺鈿で蔓が描かれている。柔らかな艶は、人の手に繰り返し撫でられ育ったものだろう。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

安藤サクラ
あんどう・さくら/女優。主演する、よしもとばなな原作の映画、『白河夜船』が4月25日公開。

photo/
Yoichi Nagano
text/
Yuka Uchida
styling/
Naoko Shiina
hair | make/
Kanako Hoshino

本記事は雑誌BRUTUS799号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は799号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.799
尊敬できる「骨董品」。(2015.04.15発行)

関連記事