ライフスタイル

本来はみな道具、「わだば平安と生きる」。|杉本博司

「骨董品」との付き合い方。

No. 799(2015.04.15発行)
尊敬できる「骨董品」。
愛知県渥美半島にあった渥美窯は平安時代末期から鎌倉時代にかけて陶器を生産。この鉢には空豆や栗をざんぐりと盛ることが多い。

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

ライフスタイルカテゴリの記事をもっと読む

杉本博司
すぎもと・ひろし/現代美術作家。「ジオラマ」などの写真シリーズや建築、伝統芸能と広く活動する。

photo/
Yuji Ono
text/
Mari Hashimoto

本記事は雑誌BRUTUS799号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は799号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.799
尊敬できる「骨董品」。(2015.04.15発行)

関連記事