ライフスタイル

骨董の価値は値段ではなく、出合い頭で決まる。|原田マハ

「骨董品」との付き合い方。

No. 799(2015.04.15発行)
尊敬できる「骨董品」。
銘があるわけでも、有名窯元で作られたわけでもおそらくないが、気に入ったものは、素朴な色味やヒビの入り方さえ美しく見える。

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

ライフスタイルカテゴリの記事をもっと読む

原田マハ
はらだ・まは/作家。ニューヨーク近代美術館(MoMA)を題材にした短編小説集『モダン』発売中。

photo/
Shizuka Suzuki
text/
Ikuko Hyodo

本記事は雑誌BRUTUS799号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は799号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.799
尊敬できる「骨董品」。(2015.04.15発行)

関連記事