運動に、生き物の世話に、多忙な朝は、体のことを考えた和食と青汁で。|小沢一郎

好きな朝食の話。

No. 798(2015.04.01発行)
続・最高の朝食を。
塩分控えめの和食と青汁。 この日の献立はご飯、豆腐とワカメの味噌汁に鮭焼きと煮物。そして青汁も。塩分を控えるようになってから味噌汁は薄味に。お米は郷里・岩手でとれたひとめぼれ。青汁にも郷里のリンゴを搾って入れる。すると旨い!

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

カテゴリの記事をもっと読む

小沢一郎

政治家
おざわ・いちろう/1942年岩手県生まれ。生活の党と山本太郎となかまたち共同代表。69年の初当選以来、今年で衆議院議員歴46年。著書は『剛腕維新』(角川学芸出版)など多数。

photo/
Yoichi Nagano
text/
Yusuke Monma

本記事は雑誌BRUTUS798号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は798号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.798
続・最高の朝食を。(2015.04.01発行)

関連記事