バリエーション豊富な日本の朝ごはん。|西川 治

好きな朝食の話。

No. 798(2015.04.01発行)
続・最高の朝食を。
毎日食べても飽きない干物定食。 ご飯、ハマグリの味噌汁、シシャモ。「日本は干物の種類も豊富」と西川さん。青菜は小松菜、ニラ、エノキ、モヤシをだしでゆでたもの。大根と昆布の酢漬けと梅干しは自家製。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

カテゴリの記事をもっと読む

西川 治
●エッセイスト、写真家、画家
にしかわ・おさむ/1940年和歌山県生まれ。料理人としても活躍。著書は30冊以上で『世界朝食紀行』『私が食べた朝食365日』など朝食についての書籍も多数。

text/
Tami Okano

本記事は雑誌BRUTUS798号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は798号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.798
続・最高の朝食を。(2015.04.01発行)

関連記事