ファッション

ズラリと並んだ新作時計がティファニーのイメージをガラリと変えました。

Party|明日の流行、今宵まるわかり!

No. 798(2015.04.01発行)
続・最高の朝食を。
東京スカパラダイスオーケストラの谷中敦さん。
1940年代のパースウォッチをモチーフにした《ティファニー イースト ウエスト》各435,000円。
女優の高岡早紀さん。
ニューヨークの時を刻む、アトラス クロックの彫像も展示。
モデルのSenさん。
《ティファニー CT60クロノグラフ》850,000円。
ジョンローレンスサリバンのデザイナー、柳川荒士さん。
DJの高木完さん。
漫画家・コラムニストの辛酸なめ子さん。
カクテルのマンハッタンがNY気分を盛り上げる。
音楽クリエイターのヒャダインさん。

 出席したゲストの多くが「イメージが変わった!」と口にしました。ティファニーが新作時計のコレクションを発表。一挙に26本がお披露目されるとあって、多くのゲストが会場に足を運びました。
 実はティファニーは「ニューヨークに時をもたらした」といわれるほど、時計と関わりの深いブランドです。1853年には9フィート、約2.7mの高さのアトラスの彫像と一体となった時計、アトラス クロックを同社のシンボルとして店舗のファサードに設置。ティファニーが時計ブランドでもあることを強く印象づけました。
 今回発表された新作ウォッチコレクション《ティファニーCT60》は、創業者であり、アトラス クロックを設置したチャールズ・ルイス・ティファニーニューヨークの街がインスピレーションソースとなったシリーズです。
 音楽クリエイターのヒャダインさんは「細い時計でも男っぽく着けられそうです。横向きの時計はアメリカらしいデザインで一目で好きになりました」。ジョンローレンスサリバンのデザイナー柳川荒士さんは「繊細さと武骨さが絶妙に共存した男性的な雰囲気が、これまでのブランドイメージからして新鮮でした」。新作時計を通して、ティファニーが男性の心をグッとつかみました。

ショーケースの前は、多くのゲストの驚きの声であふれた。

TIFFANY NEW WATCH LAUNCH COCKTAIL RECEPTION

Title ティファニー新作ウォッチ発表記念パーティ
Date 2015年2月10日㈫
Time 18時~19時30分
Place アンダーズ東京
Attendance 約100人

ファッションカテゴリの記事をもっと読む
photo/
Simpei Suzuki
text/
Hiroya Ishikawa

本記事は雑誌BRUTUS798号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は798号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.798
続・最高の朝食を。(2015.04.01発行)

関連記事