鮨はしもと/由庵 矢もり

グルマン温故知新

No. 796(2015.03.02発行)
ロンドンで見る、買う、食べる101のこと。

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

カテゴリの記事をもっと読む

鮨はしもと

●新富町
03・5541・5578
18時〜23時。月曜休。
要予約。
日本酒中心。日髙見、飛露喜、東洋美人など、常時15〜20種あり。
コース1本で13,000円。もちろん、
追加で細巻きなど、好みを注文可。
カウンター8席のみ。
ゆったり座れる。

●東京都中央区新富1ー15ー11 マキプラザ1F。交通:東京メトロ新富町駅から徒歩5分。コースの内訳は、活け〆の白身、塩ゆでダコ(軟らか)、珍味2種(この日は、あん肝、カキの味噌漬け)、茶碗蒸し、焼き魚、握り10貫、卵焼き、お椀。これで13,000円。店の表に張られた銅板がユニーク。今はピカピカだけど、雨風にさらされるうち、いい味になるんだろうな。ひいきにしたい店である。

由庵 矢もり

●月島
03・6225・0633
18時〜22時(完全予約制のため、時間はやや流動的)。日曜・祝日休。
日本酒(冷や&燗酒)、焼酎、ビー
ル、ウイスキー(白州のみ)など。
コースのみ6,000円。常連になれ
ば、多少のワガママもありかも。
1階カウンター6席、
2階個室4席。

●東京都中央区月島3ー9ー7。交通:東京メトロ月島駅から徒歩5分。蕎麦の実雑炊、前菜3品、蕎麦がき、炊き合わせ、蕎麦サラダ、温かい蕎麦、冷たい蕎麦、デザートという流れ。酒が結構進む内容だ。タンパク源としては、イカ、タコ、鶏、貝ぐらい。月島の路地を入った住宅街にあるため、非常にわかりにくいのが難。店主的には、それが狙いでもある。わざわざ行く楽しみがある。

photo/
Akihiro Nagata
text/
渡辺紀子

本記事は雑誌BRUTUS796号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は796号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.796
ロンドンで見る、買う、食べる101のこと。(2015.03.02発行)

関連記事