旅行

Conrad London St. James

No. 796(2015.03.02発行)
ロンドンで見る、買う、食べる101のこと。
〈Blue Boar〉の バーではロンドン産のクラフトビールやヴィンテージジン、軽食もあって会話も弾む。レストランではサンデーローストも。
トム・クラークによる“階級のはしごを上る労働者”の彫刻。
『The Sunday Times』紙の連載を手がけるジェラルド・スカーフの風刺漫画(左)、ジュリアン・ブレイのコラージュが飾られたバーのコーナー。
客室は6タイプとスイート。こちらはキング・デラックス。
サイモン・ビングル作、チャーチル、サッチャー、ブレア元首相などの風刺パペット。
国会の採決開始を告げる「ディビジョン・ベル」。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

Conrad London
St. James
[ウェストミンスター]
●コンラッド・ロンドン・セント・ジェームズ/22ー28 Broadway, London SW1H 0BH☎020・3301・8080。全256室。300ポンド〜。http://conradhotels.com/london

photo/
Miki Yamanouchi
text/
Megumi Yamashita

本記事は雑誌BRUTUS796号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は796号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.796
ロンドンで見る、買う、食べる101のこと。(2015.03.02発行)

関連記事