旅と地域

Copson

No. 796(2015.03.02発行)
ロンドンで見る、買う、食べる101のこと。
ハックニーにあるスケートパークはほぼDIY。スケーターたちが持ち寄りの道具でランプを作るのは常識。
プロスケーターを経て26歳でブランドを立ち上げたマリア。
クラシックなスケートアパレルをモダンに表現する〈Copson〉。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

旅と地域カテゴリの記事をもっと読む

Copson

●コプソン/イタリアイギリスのハーフのスケートボーダー、マリア・ファルボが昨年ローンチした、新メンズ・レジャーウェアブランド。バルセロナ在住中にスケーター目線でライフスタイルブログを始め大反響。それをきっかけにブランドを立ち上げ〈NOTE Skateboard Shop〉
などのショップで販売されることに。http://copsonlondon.com

photo/
Taro Hirano
text/
Kyoko Yano

本記事は雑誌BRUTUS796号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は796号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.796
ロンドンで見る、買う、食べる101のこと。(2015.03.02発行)

関連記事