403architecture [dajiba]彌田 徹/辻 琢磨/橋本健史

新しさより継承を、トップダウンよりボトムアップを。限られた土地や資源と向き合う、つぎの建築家たち。

No. 795(2015.02.16発行)
次は誰? 明日を切り開く人物カタログ。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録してお楽しみください。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

403architecture [dajiba]彌田 徹/辻 琢磨/橋本健史

やだ・とおる(左)1985年生まれ。つじ・たくま(中)
1986年生まれ。はしもと・たけし(右)1984年生まれ。2011年横浜国立大学の同級生で浜松に設立。設計のほか、セルフビルドやワークショップにも取り組む。「海老塚の段差」などプロジェクトの大半は徒歩圏内にある。「富塚の天井」で第30回吉岡賞受賞。

photo/
Shinji Serizawa
text/
Naoko Aono
edit/
Yuka Uchida

本記事は雑誌BRUTUS795号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は795号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

No.795
次は誰? 明日を切り開く人物カタログ。(2015.02.16発行)

関連記事